資金支援部会


宮前区まちづくり協議会では、区内の住みよいまちづくりを目指して活動する市民活動団体に対して、活動資金の支援をしています。平成13年度にスタートし、これまで多くの団体がこの制度を利用して活動を広げてきました。

 

●資金支援の特徴

他区で行われている助成金制度は個別の事業を対象に支援していますが、宮前区まちづくり協議会で実施している資金支援制度は、活動団体そのものを対象にしています。区内に活動が生まれ、定着し、自立していくという3ステップの段階別コースを用意しています。

 

●資金支援の対象

対象となる団体は以下をすべて満たしている団体です。

(1)広く開かれた市民活動を行っている団体であること。

(2)宮前区内で行われる宮前区民の活動であること。

(3)営利、政治活動・宗教活動、反社会的活動を目的としている団体でないこと。

(4)川崎市暴力団排除条例(平成24年川崎市条例第5号)第2条第1号に規定する暴力団、同条第 2号に規定する暴       

   力団員、同条第3号に規定する暴力団員等、同条第5号に規定する暴力団経営 支配法人等又は同条例第7条に規定

   する暴力団員等と密接な関係を有すると認められるもので ないこと。また、神奈川県暴力団排除条例(平成22年

   神奈川県条例第75号)第23条第1項 又は第2項に規定する行為をしている者でないこと。

(5)川崎市または川崎市出資法人からの支援金を受給していないこと。

 

●資金支援の流れ


宮前区まちづくり協議会のなかにある資金支援制度は、市民活動を小さい芽のうちからそっと応援し育んできて、今に至ります。それぞれ資金を手に活動の場をひろげ、その後十数年と継続している団体もあります。
ここで生まれた小さな活動も、やがて大きな資金が動くようになる活動も、相互に垣根をとりはらい、フラットな関係性のなかで連携していけたら・・・それが宮前区まちづくり協議会資金支援制度のポリシーです。これからも地域に生まれる活動を応援し、有意義に役立ててもらえたらいいと願いをこめて、これまで資金支援を受けて今でも活動を継続している市民活動団体を紹介します。